今年の5月に鹿児島の作家が益子を代表する3つの店舗にて「さつまもの」を開催しました。

今回は鹿児島で益子の作家15組の作品を一同に介して展示販売を行います。

それぞれが第一線で活躍する作家です。

会期は11/23〜12/8です。

【参加作家】

●伊藤丈浩[陶芸]

1977 千葉県生まれ
1995 焼き物作りを志す
1998 益子へ移住 製陶所勤務
2002 半年間、アメリカ周遊
2004 約一年間、日本各地の窯業地を見聞
2006 独立

g-plus-ito@nifty.com

 

●岡田崇人[陶芸]

1974年 東京に生まれる
島岡達三に師事する
国展入選
民藝というカテゴリーの中で、デザインと使い心地の良さを心掛けながら制作しています。

oujirushi.exblog.jp

 

●久保田健司[陶芸]

1979年 埼玉県に生まれる
2004年 埼玉大学教養学部芸術論科卒業
同年      栃木県益子町に移り、大熊敏明氏に師事
2006年 益子の製陶所に勤務
2011年 益子にて独立
現在に至る

http://kgpottery.exblog.jp

 

●佐々木康広[陶芸]

1981 秋田県角館町生まれ(栃木育ち)
2004 益子窯業指導所で陶芸を学ぶ
2006 栃木県市貝町に築窯、独立
2012 同県茂木町に窯を移動

http://rokuroboys.com/
http://www.creema.jp/c/rokuroboys

 

●鈴木稔[陶芸]

1991  高内秀剛氏に師事
1996 現在地に工房を構える
2006 益子国際陶芸展 審査委員特別賞
2008 スウェーデンで陶芸交流のワークショップに参加
2011 北欧でスウェーデン・デンマーク・日本の3カ国の作家で三人展を行う

 

●竹下鹿丸[陶芸]

1977年 益子町に生まれる
1998年 栃木県立窯業指導所卒
2000年 窖窯を築く
2002年 第四回益子陶芸展にて審査員特別賞を受賞
2005年 益子陶芸美術館にて竹下鹿丸展
2006年 第六回益子陶芸展入選
2011年 オランダにて益子特別展に招待出品
2012年 窖窯を再建

http://www.facebook.com/shikamaru.

 

●若菜綾子[陶芸]

1976年 栃木県生まれ
2003年 デザインの職に就きながら作陶を始める
2009年 文星芸術大学美術学科陶芸専攻卒業
独立

 

●安彦年朗(あびことしろう)[木工]

1975年東京都生まれ。インドやヨーロッパを放浪後、
93年にバルセロナに移住し、ランプの制作を始める。
現在は栃木県茂木町の工房で、木工の照明や器などを制作。
各地のギャラリーで展覧会も行う。

http://www.geocities.jp/d_lampara/

 

●高山英樹[木工]

2002年益子に移住、主に古材による家具製作や建築プロジェクトに参加。
2012年9月の益子「土祭」に建築プロジェクト「たてものの未来」の作品を出展。
2013年6月にLAのHEATH CERAMICSで、
9月は益子と笠間の仲間とPlaymountainで展示会を行う。

 

●横溝創(よこみぞはじめ)[木工]

1977神奈川県生まれ
2002-2004KINTA(金田茂夫)氏に師事

hajime-y@olive.plala.or.jp

 

●ANDADURA 山本祐介[革]

1982年広島県生まれ、
2010年にANDADURAを立ち上げる。

http://www.andadura.net/

 

●maharo 見目英(けんもくすぐる)[革]

2004年、自分の財布を作ってみたのをきっかけに革の仕事を始め、
益子町にアトリエ&ショップ[maharo]を構える。
日々自分がワクワクする物作りを心がけ、素朴で暖かみのある形を意識しながら試行錯誤中。

 

●矢野津々美(やのつつみ)[写真]

2011年 益子町「前・土祭/ひじさい」、2012年「土祭」公式フォトグラファー
2012年 渋谷ヒカリエ8/CUBE1,2,3 での展示「HIJISAI」に出展
2013年 益子町の人と暮らしを伝える雑誌「ミチカケ」編集に参加、写真提供

 

●日下田藍染工房 [染織]

http://www.mashiko-kankou.org/493.shtml

 

展示店舗▷D&DEPARTMENT KAGOSHIMA by MARUYA